menu

採用情報働く人を知る

中国・四国UIターンセンター 東京オフィス
キャリアコンサルタント
2008年入社
瀧 周太郎SHUTARO TAKI 文学部北欧文学科 卒業

※インタビューは2019年2月に実施しました。所属とインタビュー内容は当時のものです。

東京で中四国への移住者をサポートする

前職はコールセンター運営会社でセンターの運営や金融機関へのオペレーター派遣業務を担当。その仕事をしている中で、専門的に人材ビジネスを行う会社に興味を持ち、クリエアナブキに入社しました。東京と高松での営業を経て、現在は渋谷の中国・四国UIターンセンターでUIターン希望の求職者の方の転職サポートを担当しています。
2016年8月のセンター立ち上げ時からここで勤務しています。今の仕事の内容は、中四国へのUIターン希望者の面談・サポートから、求職者募集の企画、自治体からの受託事業の企画運営など多岐にわたります。自分たちで考えたことを検証したりデータをとったり分析したりしながら具現化していくことが面白いですね。 現在東京オフィスでは自分を含めて4名が勤務しています。本社の香川県から遠く離れた東京オフィスですが、それぞれの得意なことを活かして助け合いながら運営しています。仕事は決して一人でできるものでもするものでもない。自分が組織で仕事をしていく中で、山本五十六の「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」という言葉を大事にし、心に留めています。
今後は、AIなど新しい技術を利用した求職者募集や営業戦略構築も行いたいです。渋谷は今日本有数のIT企業が集まる街。ここで刺激を受けながら情報を取り入れ我々のビジネスにも活かしていきたいと思っています。社内の若い人たちやこれから入社する方にも、UIターンの事業に興味を持ち「渋谷のUIターンセンターで仕事がしたい!」と思ってもらえるよう、より一層面白い仕事を見つけていきたいと思います。

出身者じゃないからこそ伝えられる中四国の魅力

今この仕事ができているのは、以前、高松支店で営業として勤務した際にあたたかく迎えてくれた当時のメンバーがいて、初めての四国勤務でも楽しく仕事ができたおかげです。東京都出身の自分が転勤で初めて香川県で暮らすことになったんですが、住んでみて本当に香川や中四国を好きになりました。そして、地元出身の方では気がつかない良さも気付くことができたんです。都会とは違う人の良さやのんびり感、海も山も近く穏やかな瀬戸内の自然など、地元の方は当たり前と思っている中に、驚くほどの魅力がある。食べるのが好きな私にとっては野菜や魚が安くおいしいのもうれしいところでした。また、関東の人間から見ると、実際に住むまで四国や中国地方のそれぞれの県の違いや特色は全然わからなかったんですが、住んでみるとそれぞれに県民性や街の様子など、かなり違いがあることにも気づきました。

コロナウィルスの影響で地方移住やUターンに興味を持ち始めた方が増えてきていると言われています。人手不足と言いながらもコロナの影響で採用に悩む地方企業と、UIターンを考え始めた人たちをどのように繋いでいくかを考えるのが私の役割です。「相談に来てもらうには」「求人へのエントリーが増えるためには」「イベントにもっと集客するには」など、日々悩みながら突き進んでいます。オンラインイベントも増えてきていますが、対面とオンラインそれぞれのメリット、デメリットを考えて効果的に運営していく創意工夫が必要です。難しいですが、やりがいを感じています。
自分自身が暮らして感じた中四国の魅力を東京で発信することで、少しでも中四国で暮らしたいと思う方を増やし、地方に貢献できればと思いますし、移住した方には後悔することなくよりよい人生を送ってもらうため、良いことばかりではなく、田舎暮らしならではの注意点などもお伝えするようにしています。

これからも「人」に関わっていきたい

クリエアナブキでは、時に社内で意見がぶつかりあうこともあります。でもそれは仕事に真剣に取り組んでいるからこそ。「人」に関わる仕事だからか、熱い思いを持った真面目な人が多いです。それに、女性も男性も関係なく活躍できる会社だと思います。ただ自分が東京で働いているからより強く感じるのかもしれませんが、仕事のスピード感などはまだまだこれから変化と成長が必要だと思います。
AIが仕事を奪うと言われているこれからの時代、仕事を与えられるのを待っているのではなく自分から提案が出てくるようではないと厳しいと思います。今の状況でのベストパフォーマンスをするにはどうすれば良いかを考える一方で、今の状況を打開するにはどうすれば良いかということも考えられることが重要ではないでしょうか。
社員それぞれがどんな会社でも活躍できるように成長して、「でもクリエアナブキが好きで働いている」というふうになれば最高だと思います。

プライベートでの楽しみは、娘と一緒に遊ぶこと。休みの日はほぼ娘と一緒に行動していて、一緒に料理したり、あらゆる遊びに付き合わされています。私も娘がもっと小さいころは高松に住んでいましたので毎週のように家族で大きな森林公園に行ったり、海に行ったりして自然を満喫していました。今は都会暮らしですが、娘にもいい経験がさせられたと思っています。UIターンを考える方々は、豊かな自然の中でお子さんを育てたい、満員電車での長時間通勤の時間をなくして家族との時間に充てたいといった希望をお聞きしますので、体験談を交えてよくお話しています。

我々人材サービス会社ができることはあくまでもサポートで、転職するかしないか どこの会社に行くのかはご本人に責任をもって決めていただくしかありません。ご自身にベストの決断をしてもらうために、細かく情報をお伝えしたり、相談に乗ったり…、最大限のサポートをすることがキャリアコンサルタントとしての仕事です。クリエアナブキには60歳を過ぎてもキャリアコンサルタントとして活躍し、たくさんの方を転職に導いている大先輩がいます。私も先輩方のように、今後も長く「人」に関わっていくことが目標です。

  • 人にしかできない人材サービスを
    花丸 仁登松山支店 企画営業
  • 人の関わりと人の本質を大切にするしごと
    三好 志穂岡山支店 企画営業
  • 初の海外進出。新たな挑戦。
    平井 亘HR ANABUKI VIETNAM
  • 出逢いを大切に「働く」に正面から向き合う
    伊勢谷 佳都代高松支店 キャリアコンサルタント
  • 働く人と地域のよりよい未来のために
    飯間 哲郎ママスクエア事業推進室
  • 働きやすい社会へ、“ひと”のための仕事を
    上坂 美冬丸亀支店
  • いかにして人と地方をつなげるか工夫とチャレンジを重ねて
    瀧 周太郎中国・四国UIターンセンター 東京オフィス
    キャリアコンサルタント
  • 「働く」をつくる会社だから、自分の働き方も進化させる
    三ツ井 記美代総合企画室兼人材開発室
  • 自分の頑張りが誰かの「幸せ」に繋がる
    辻 浩邦広島支店
お問い合わせ
管理部人材開発室 採用担当
電話でのお問い合わせ087-822-8574
メールでのお問い合わせ

このページのトップへ